間食

2009年08月27日

毎日はかる意味

正直私も、夜9時過ぎとかにお菓子を食べたくなることがあります。
そんな時にブレーキをかけてくれるのはバランスのとれた食事だけではありません。

それは、体重を毎日はかること

体重を毎日はかっていると、様々なことがわかります。
生理前には増えること。
終わったら減ること。
そして私の場合は、間食をしたらてきめんに翌日の体重に反映されること。

それがわかっているから、夜おやつを食べたくなった時には、毎日の体重を記録した用紙を思い浮かべます。

おやつを食べなければ、きっと増えない。
それどころか減るかもしれない。
そう思えるから、手を出さずにぐっと我慢できます。

肝心なのは、体重が増え続けてる時でも、記録を続けることです。
それはとてもつらい作業かもしれません。
私もリバウンドを経験しているから、よくわかります。
それでも体重の記録を続けることで、ダイエットの大きな味方となっていくのです。
増えても減っても、体重の記録を続けてみましょう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ
↑いつも応援ありがとうございます↑
読んでくれてるあなたのおかげで、いつも記事を書こうと頑張れます♪

kunipon7 at 13:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月20日

お菓子のどか食いが止まらないとき

私事ですが、親族に不幸があったので一昨日は出かけておりました。
そういったわけで久々に親戚の皆さんと会ったのですが、これが私にはすごくストレスになるのです(汗)
というのも、私は人の顔を識別・記憶するのが大の苦手で、学校時代は一年かけても覚えられないクラスメイトがいたほど。
当然久しぶりに会う親戚の顔を覚えるというのは至難の技なのです。
そんなわけで、知らない・見分けがつかない親戚の方々と挨拶を交わしまくって(挨拶はギャンブルのようでした)非常にストレスを感じたのか、

昨日は久々にお菓子のドカ食いやってしまいました。

ほら、以前書いてた山のようにあるベビースターラーメンです。
あれをかなり食べて、それだけでは飽き足らずおせんべいも食べて、それでも食べたくてどらやき…
ぶっちゃけ、まだまだいけます。

ところがこの夜、ある出来事がきっかけで、この状態にストップがかかります。
さて、なんでしょう?

それは、バランスのとれた食事
レバニラ炒め、ごぼうのきんぴら、ポテトサラダ、たっぷりのトマトetc...
たんぱく質に食物繊維に、ビタミン、ミネラル、酵素もろもろ。
大半はお惣菜コーナーで買ってきたものですが、これらのメニューを食べただけで、ピタリと異常な食欲が抑えられました。
それはもう、おしゃぶり昆布を見ても「いらないよ」と言えるまでに。

昨日のように偏った食事(とも言えないですね。間食ですね)をした場合にも、脳は一種の飢餓状態を感じます
それで、足りない栄養をもっととろうとして、食欲底知らずになるんです。
それにピリオドを打つのに最も効果的なのは、
バランスのとれた食事をとる
ことだったんですね。
ちなみに経験則ですが、足りない栄養素をサプリメントでとっても食欲はおさまりませんよ。
食事でとることが大切です。

実はこのドカ食い防止法は、エリカさんの無料レポートを請求したあとに送られてくる情報メールからヒントを得ました。
もっと早く読んでいればドカ食いせずにすんだのですが、メールを開封するのが遅くなってしまって、結果的に自分のカラダで人体実験するハメになってしまいました^^;
でもこの“人体実験”で得た情報があなたのお役に立てれば、私もどか食いした甲斐があるというものです(……笑)

間食がやめられない。
どか食いが止まらないというあなた。
バランスの良い食事で、ピリオドを打ちましょう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ
↑いつも応援ありがとうございます↑
記事を書く励みになっています(^^♪

kunipon7 at 12:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年08月16日

お菓子を買いだめしたあなたへ

空腹じゃなくても食べちゃう人たち

具体的には、お菓子を買いだめしない。

と書きましたが、中には既にお菓子を買いだめしちゃった方もいらっしゃるかもしれません。

実は我が家にも、おせんべいとベビースターラーメンがあります。
それも山のように…
コストコという「安くてたっぷり」なお店で、つい30袋入りのを買ってしまって、いまだになくなりません。
(っていうか、もうなくなってたら体重がスゴイことになるのですが)

ただでさえ外発反応性が高い私には、家にお菓子があるだけでも食べたくて仕方がなくなる上に、
山をなくしたい
という心理も働いて、余計におやつを我慢できません。

そこで考えた方法が
「時間を区切ること」

具体的には、絶対に夜には食べないようにしてます。
さらに言えば、どうしてもお菓子を食べたい場合には、午後5時までに食べる、というルールを自分に課しました。

自分の体で実験したところ、夜8〜9時以降に間食をとると大幅に体重が増えるのですが、
午後5時までにおやつを済ませるようにしたら、増え幅がかなり減りました。

そして、もうひとつ。
おやつを毎日は食べないように気をつけてます。

そうすれば、一週間単位という長い目で見れば、少しずつ減っていくものです。
お菓子を買いだめしてしまった方は、体重を量りながら一週間のうちで何日間お菓子を食べてもいいか、大体でいいので把握しておきましょう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ
↑いつも応援ありがとうございます↑
おかげさまで今日現在、ブログ村ダイエットの豆知識部門で2位になりました

kunipon7 at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月15日

空腹じゃなくても食べちゃう人たち

空腹に対処するの内容だけでは足りない人が、この世の中にはいます。
何を隠そう、私自身がそのタイプです。

ストレスでどか食いしてた時、空腹に耐えられなかったのではありません。

そこに食べ物があるから、食べてしまう。
たとえお腹が満たされていても…

そんなあなたにお勧めする方法は、
「とにかくお菓子などの食べ物を見ない!」
という方法につきます。

ダイエットに関して心理学的に分けると、次の2タイプに分けられます。

★空腹になると生命を維持するために、必要な生理的行動として食事をする(内発反応)
★空腹感とは関係なしに、決められた時間になると食事やおやつを食べる傾向がある(外発反応)

後者に当てはまったあなたは、要注意です。
外発反応性が高い、つまりは影響されやすいタイプなので、好物を想像するだけで居ても立ってもいられない、という状況に陥りがちです。

このタイプの人(私もそうです)は、とにかく目に付くところからお菓子を排除していくだけでも効果的です。

具体的には、お菓子を買いだめしない。
スーパーなどに行ったら、お菓子のコーナーはなるべく見ない、通らない。
友達に見せるために撮ったお菓子の携帯写メなどは、削除する。

こうしてお菓子を避け続けていると、数ヵ月後にはスーパーのお菓子コーナーに行っても誘惑に勝てる自分になってるものです。

ストレス太りしてた時期、お菓子を買うたびに
「お金を払って太るなんて、なんて馬鹿げてるんだろう」
とよく思ってました。
でも結局はお菓子を買ってどか食いして、後悔してたのです。

自分を責めることよりも、まずは視覚情報から間食をシャットアウトしていきましょう。


ノンストレスでダイエットできる、おすすめの無料シークレットノウハウレポートはコチラ
メルマガが届くようになりますが、簡単に解除できるし役に立つダイエット情報なので、私は喜んで受け取ってます。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエットの豆知識へ
↑いつも応援ありがとうございます↑

kunipon7 at 11:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)